エコプロダクツ国際展とは

エコプロダクツ国際展(EPIF)とは

エコプロダクツ国際展(EPIF)は、アジア生産性機構(APO)の加盟各国における、消費者の環境意識の向上、日本を含むアジア各国の企業の環境技術、製品、サービスの普及および産業交流を目的とする国際環境展です。2004年のマレーシア・クアラルンプールでの第1回開催以降、開催国ならびに参加された企業・団体からの高い評価をいただいております。
第11回目となるEPIFは、ベトナム・ホーチミンにて2017年5月に開催いたします。

EPIFベトナムとは?

- ベトナム政府の環境への取り組みと日本の環境製品・サービスの必要性 -

本展の特徴

ベトナム最大の経済都市
ホーチミンで開催

政府機関や有力企業から、
環境ビジネスに欠かせない
キーパーソンが来場

最先端の環境技術・製品・
サービスを一堂に集結

エコを切り口に
現地消費者への効果的な
ブランディングが可能

2008年に首都ハノイで開催された、
第4回エコプロダクツ国際展では、
過去最高の約100,000人が来場

<第4回エコプロダクツ国際展実績>

会 期 ▶
2008年3月1日(土)~4日(火)
会 場 ▶
ナショナルコンベンションセンター
(ベトナム・ハノイ)
出展数 ▶
91社・団体
来場数 ▶
98,469人

※ホーチミン中心市街地

ベトナム概況※外務省HPより抜粋

国   名
ベトナム社会主義共和国
首   都
ハノイ
人   口
約9,340万人
宗   教
仏教、カトリック、カオダイ教他
主 要 産 業
農林水産業、鉱業、軽工業
G  D  P
約1,988億米ドル(2015年 IMF推計)
一人当GDP
2,171米ドル(2015年 IMF推計)
ホーチミン市は5,000米ドル以上
経済成長率
6.68%(2015年 越統計総局)

過去の開催実績

開催年開催国・都市会期
2004マレーシア・クアラルンプール9月2日~4日
2005タイ・バンコク10月6日~9日
2006シンガポール10月31日~11月2日
2008ベトナム・ハノイ3月1日~4日
2009フィリピン・マニラ3月19日~22日
2010インドネシア・ジャカルタ3月4日~7日
2011インド・ニューデリー2月10日~12日
2013シンガポール3月14日~16日
2014中華民国・台北3月13日~16日
2016タイ・バンコク6月8日~11日
ページの先頭へ